翻訳サービスは使えるようになったか

かつては機械翻訳というと、単語の羅列と言った感じで文章として非常に拙いイメージでした。

昨今ではAIや機械学習などのIT技術の発達により、比較的まともな文章が作れるようになっています。そのおかげで、全く知らない言語から大意をつかむために翻訳サービスを使う場合はもちろん、ある程度知っている言語の場合も一度翻訳サービスに通してみて、それから個々の文章を手直しする、と言った場合も多くなっています。

この方法だと翻訳の効率も上がります。また翻訳の精度に関しては、ラフな表現が多い日常会話よりも、定型表現や厳格な文法を用いるビジネス文書の方が、上手く翻訳してくれるようです。この分野は今まではプロの専門翻訳者が活躍していましたが、これからは翻訳サービスで十分な時代が来る可能性が高いです。

特に専門用語と言った知識のハードルは、人間にとっては高いものですが、機械にいったん覚えさせてしまうととても低いハードルになり、人間を易々と追い抜いてしまいます。逆にラフな表現が多い日常会話については、まだまだ精度が出ていない状況です。

文法が分析しづらく、頻繁に使われる単語も流行によって変わることが多いため、分析しづらいようです。微妙なニュアンスも伝わりづらいです。昨今の翻訳サービスの中核技術である機械学習は、データを多く学習させるほど出力の精度が上がるという特徴があります。したがって翻訳の精度はこれからも改善していく見込みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *