技術・法律系の知識が必要となる特許の翻訳サービス

翻訳サービスの中で高い実績と技術が求められるのが特許文書です。

特許の申請は自国で行うのはもちろん、各国の言語に訳すことが求められます。その他にも特許庁と出願人の間でやりとりするための文書も訳す必要があり、多くの時間と翻訳テクニックが必要とされる分野です。特許文書は独特の言葉の使い方だけでなく、ひとつの構文が長いことも特徴です。言葉ひとつの訳し方で文章全体の意味が変わってくることもあり、解釈の捉え方で本来主張できる権利もできなくなることがあります。

そんな特許文書には技術系と法律系の2つの側面があり、ポイントは権利の範囲を明確に訳すことです。権利の範囲を明確に訳しておかないと、技術が盗まれるリスクがあり、企業にとっては大きな打撃を被ることになります。また、技術系の中でも医療系と電気・機械系では求められる専門用語も異なります。専門分野に精通しており、かつ法律知識にも明るい翻訳家が求められます。

特許文書を翻訳サービスに出す際は、まず実績を確認すると良いでしょう。具体的な件数や専門分野を明記しているかをチェックします。特に海外進出を後押ししている企業を中心に翻訳サービスを手掛けているところが選択肢になるでしょう。企業活動がグローバル化する中で、より権利を明確にしておくことは大事なことです。特許文書は企業がこれまで培ってききた技術の結晶であり、特許はそれを明確にするものです。それだけに特許文書の翻訳は高度なテクニックが必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *