翻訳サービスの契約のありかたについて

グローバルに事業を展開している事業においてビジネス言語に英語はもとよりドイツ語、フランス語、中国語、韓国語の読解力を必要としている企業も多くなってきていいます。

外国語に堪能な人材を確保できていれば良いのですが、その限りでなければ、翻訳サービスを提供している業者に対しアウトソーシングしていくことになります。翻訳サービスの内容については千差万別であるといえます。詳しい業務委託内容については個別な契約によることとはなりますが、大別しますと単発での契約、継続した包括的な契約になるといえるでしょう。

単発的な契約には翻訳サービスをそんなに頻繁に利用しない業者、ごくまれに海外との取引先で重要な契約を取り交わすような際に契約上の齟齬が生じないようにきちんと契約内容を読み込んでおきたいというような際に利用されます。文字数での単発契約ということが多いようです。頻繁に海外との取引先と文書のやり取り等がある場合は、包括的な専属契約を結び、アドバイザー的な立場で翻訳業務の補佐を担っていただくことになっていくことでしょう。

この場合は月額の契約料という形で費用が発生するでしょうし、業務内容によっては、例えば海外出張時の通訳担当の随行員という形で同行してもらうというようなことになれば、別契約ということでの費用発生ということになってくると思われます。いずれにしましても海外展開という事業を継続していく以上、契約上のトラブルを避ける意味でも翻訳サービスはとても重要なファクターであるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *