アフターフォローを見て決めたい翻訳サービス

翻訳を外注しなければならなくなった時に、必ずチェックしておきたいのがアフターフォロー体制とその範囲です。

納品された翻訳文を実際に呼んでみて、その内容に疑問が出ることがありますが、翻訳というのは読み手によって感じ方が変わってしまうものですのである程度は仕方の無いことです。ただし、そのままにされてしまったら依頼者の満足度は著しく低下しますし、利用できないという結論に達する可能性もありますので、翻訳サービスを行ってくれた会社に問い合わせることになります。

翻訳サービスでは多くの翻訳スタッフを抱えていて、その中から最適な人材が選ばれているのですが、いくら優れた翻訳者であっても意図する内容が読み手に伝わらない時には修正が必要です。修正してもらってきちんと意味が通るようになったら正式な納品とみなされるような体制をとっている翻訳サービスを選んでおくと問い合わせの段階で断られることがありません。

質問をしても回答が返ってこなかったり、納品後の修正はできないと断られてしまったり、別途料金がかかるといわれることもあるようです。アフターフォローとしてどのようなサービスが提供されているのかや費用の有無などは契約する前に必ず確認しなければならない部分ですので、終わってから気付いても間に合いません。万が一アフターフォローを一切行っていない業者を利用してしまうと、問題が生じた時にまた別のところに依頼し直さなければなりませんので時間もお金もかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *