翻訳サービスの仕事の為に

翻訳サービスを仕事にしようと考えている人は、既にある程度は語学には自信があるからこそそのように考えているのでしょう。

もちろん語学は重要で、これは言うまでもありません。ですが、多少なら語学に自信があるからという程度の軽い気持ちで翻訳サービスの仕事を考えているのであれば、少しは立ち止まって考え直したほうが良いかもしれません。翻訳サービスで必要とされる語学はまず英語が中心になりますが、今の時代、多少の英語であれば自分でも何とかなるという人は少なくありません。

確かに日本人は世界の中では外国語に弱い人が多いと言われていますが、それでも最近は英語教育のレベルも高まり、わざわざ翻訳を外部に依頼する必要があるという人はそこまで多くはないからです。さらに、大きな脅威として、コンピューターによる自動翻訳が急速にレベルアップしてきているという事実もあります。翻訳を一生の仕事としようと思っていたら、コンピューターに仕事を奪われてしまったという、何か産業革命時代に機械に仕事を奪われた単純労働者のようなことにならないよう熟慮する必要があるでしょう。

それでも翻訳の仕事をしたいと思っているのなら、できるだけ付加価値を自分に付けるようにしましょう。例えば英語以外の外国語もできるとか、何かの専門分野、例えば医学用語や工学用語には詳しいなどといったことが挙げられます。あるいは全く逆の発想ですが、そういう付加価値が難しいのであれば、本職を別に持った上で、まずは副業として翻訳を始めるという方法もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *