利用する翻訳サービスの比較

翻訳サービスを提供している企業は数多くありますが、選定する際にはどのようなサービス内容であれば満足できるのか注意深く比較する必要があります。

特に会社が翻訳サービスを発注する翻訳資料には、ワードをはじめエクセルもあれば、パワーポイントの資料の翻訳も発生します。どのような資料であっても対応が可能であるのか、もしくは固定されたスタイルでしか発注ができないのが事前に調べておきましょう。特にパワーポイントの資料に関しては会社内の会議はもちろん、取引先でのプレゼンテーションでも使用することが多いものです。

発注するつもりで翻訳をしておらず、間際で対応できないとなると問題になることもありますので事前に調べておくことが重要になってきます。また、翻訳対応言語の幅広さはもちろん、納期までの期間、またクオリティに関しても確認しておきましょう。大きな発注の前にまずは少量の資料を翻訳してもらい、翻訳レベルを確認しておくとよいでしょう。事前に翻訳レベルを確認せずに大型案件を発注してしまうと、問題があった場合に取り返しがつきません。

また、翻訳サービスを利用するということは、会社の内部資料を外部に持ち出すことに繋がる場合もありますので、翻訳サービスを行う企業が守秘義務を必ず守る企業かどうか、それまでの実績と評判に関して確認しておくことも重要です。実績のない翻訳サービスを提供する企業へ発注する際には情報漏洩には気をつける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *